アフィリエイトで広告収入 超初心者へのアドバイス ■ニュース理論編
アフィリエイト初心者さんへ 、基礎知識から応用知識まですべて教えます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページランク マイナー更新 2009-08-14の感想



前回から約2週間での更新となります。1週間前に多くのサイトでページランクが一時取得できなくなるなどの異変がありました。これはマイナー更新の中止などの失敗があったのではないかと推測しています。また、メジャー更新もそろそろあっても不思議ではありません。



今回のマイナー更新は、サイト内ページのランク付けに厳しく、バックリンク数に甘いようです。皆さんの管理サイトではどうでしょうか。そして更新頻度が極端に少ない場合も評価ががた落ちするようです。この傾向はブログにありましたが、ソーシャルブックマークや他でも起きているようです。



更新のメリットは、ブログ等の更新時に所属するプロバイダーに通知され、そのサイトトップや上位階層のページ(新着ページやタグページ等)から直リンクされること。また、サーチエンジン自体がクロールした日時とか回数等を評価ポイントに加味している可能性です。とはいえ、気がのらないときのブログ更新は辛いものがあります。

スポンサーサイト

【2009/08/15 13:04】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
インターネットで入手できるSEOツールは非常に便利です。
しかしこういったSEOツールはあなたのライバルも使っているはずですし、どんなSEOツールも、完璧な信頼性はなくあくまで参考程度に使うといいでしょう。
SEO対策は多くのライバルとの競争であり言い換えれば、情報戦争です。ライバルが使っている、またはまたは使っていると予想されるものは使って当たり前ですが、それだけでは相手と同等の戦力なので勝てる保証などありません。さらに練った対策を行う必要があります。その対策に有効なのがアナログツールです
【電話帳、雑誌、新聞広告、新聞折込ちらし】のことです

インターネットよりもこうした紙媒体のほうが歴史が長く、これまでも、そして、現在も顧客のニーズや要望を熟知した企業が知恵をしぼり 高額な広告費をかけて宣伝しているものです
そのためかなり参考になります こうした紙媒体は販売実績の高そうな企業の広告でどんなキーワードが使われているかを調査する際の参考資料として最適です。

【2009/07/26 07:22】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
国内でヤフーカテゴリについで掲載されるとグーグルのページランクをアップする上で有利なのがクロスレコメンドです。
クロスレコメンドを利用すると提携先の大手ディレクトリやポータルサイトに掲載されます。
グーグルSEO対策をする上で、有料のサービスをおすすめすることは滅多にありません、それでもヤフーカテゴリとクロスレコメンドだけは有料でも登録することをおすすめしています。
クロスレコメンドの費用はヤフーカテゴリの有料審査サービス「Yahoo!ビジネスエクスプレス」よりも少し安い料金です。
審査の厳しさはというとYahoo!ビジネスエクスプレスより少し審査がやさしいといった感じです。

【2009/07/16 22:20】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
基本的に被リンク数が多ければ有利になりますが、急激な被リンクの増加はスパムとみなされて検索結果から除外される可能性もあります。
(迷惑アフィリエイターたちが、必死になって迷惑トラックバックを送ってきますが、そのような行為はマイナスになることはあれ、プラスになることはほとんどありません。それをSEO対策だと堂々と言っている方にはビックリさせられます)

発リンクも同じです。
きちんと内容のあるリンクページなら効果がありますが、ただSEO対策のためだとすぐにわかるようならNGです。
量産=SEO対策 ではありません。

【2009/07/02 19:39】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
アフィリエイトもネットビジネスの一つです。
ご存知かもしれませんが、アフィリエイトとは、企業の広告を自分のブログ、ホームページなどに掲載して、
その広告をクリックしたお客様が商品などを購入されたり、
また登録されると報酬が発生して、お金が貰えるという仕組みです。

アフィリエイトとは資金もほとんどなくてはじめられます。
インターネットにつながっていて、パソコンがあれば誰でも始められるビジネスです。

そのアフィリエイトの要といいますか、広告主と私たちを仲介してくれる
アフィリエイトサービスプロバイダー(=ASP)と呼ばれる事業主が
商品を集めてくれているので、私たちはそのASPと提携するだけで、
商品を紹介できて、売れたら報酬が貰えるのです。

手順としては、
①ブログ、ホームページを作り、最低4、5記事は書く。(内容はどんなものでもかまいません。)
②ASPに登録する。(登録は無料でできます。審査に時間がかかるASPもあります。)
③ASP内で、売りたいものを扱っている提携先と契約する。
④自分のHPまたはブログに、その商品のリンクをASPからもらい、貼る。
⑤その広告をクリックしたお客様が商品などを購入されたり、また登録されるた場合
 報酬をASPより受け取る。

【2009/06/19 23:54】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
インターネット上に存在する無数のウェブサイトのなかであなたのサイトが埋もれないようにしなければいけません。
そのためにはコンテンツの差別化をすることが重要です。

しかしただ差別化といっても初心者の人にとっては「いったいどうすれば他のサイトと差別化できるのか」ということが分からないと思います。
そういう方は、ウェブサイトを作成するにあたり、更新頻度、情報量、情報の希少性の観点から作成してみてください

★更新頻度
常に最新情報が掲載されている、情報の鮮度が高いサイトというのはサイトとしての価値が高くなります。
リピーターが多いサイトというのは定期的に最新情報を更新してユーザーに価値のある情報を提供しています。サイトのジャンルにもよりますが、出来るだけサイトに最新の情報をとりいれるようにしてください。
定期的に継続して更新しているサイトというのは少ないので、それだけで差別化できます。

★情報量
個人的にこれが一番だと思います。
とにかく情報量を増やすことです。情報量が増えるということはユーザーが知りたい情報を獲得できる可能性が高くなるというメリットもあるし、一度地位を築いてしまえば、そのジャンルの有名サイトとして扱われポータルサイト的位置づけになることができます。

【2009/06/11 19:38】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
重複コンテンツとは、ページ(URL)が異なるのに内容はまったく同一のものをさします。
たとえば、新聞社のサイトの中にはウェブ閲覧用とは別に「印刷用ページ」というレイアウトを印刷用に最適化したページを別途用意していることがあります。
これは用途として両者は異なるものの、コンテンツ自体はまったく同じですから重複コンテンツです

【2009/05/24 20:18】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
「サッカー 大阪」 「大阪 サッカー」どちらの語順で検索してもグーグルは同じ検索結果を返しますが、ヤフー検索は異なります。

ヤフーは全般的に検索キーワードが入力された語順によって順番を変えます。具体的には先頭に入力されたキーワードのトピックをより反映しています
例えば「サッカー 大阪」であれば「サッカー」というトピックでかつ大阪という地域に関連した情報を表示するのですが、逆に「大阪 サッカー」は「大阪」というトピックでかつサッカーに関連した情報を表示します
前者はJリーグのチームやスポーツニュースの大阪版、といったページが上位に表示するのに対し、
後者は大阪の地元のサッカーチームが上位に表示されやすくなります。

同様に「アルバイト 夏休み」はアルバイト総合情報サイトを検索上位に表示しますが、
「夏休み アルバイト」は夏休み特集ページを上位に表示する傾向にあります

※この検索結果の評価アルゴリズムの調整タイミングは常に変わっています。

【2009/05/18 18:18】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
検索エンジンは、長い期間運営されているサイトに良い評価を与える傾向があるようです。長期間継続しているのはしっかり運営されているという判断をするのでしょうか。

同じレベルのサイトであれば、早く立ち上げられたサイトが有利になります。ということは、とにかく早く公開したほうが良いということになります。

頻繁に更新されているページは検索エンジンのロボットは頻繁に訪れてくれるようです。立ち上げたら終わりではなく、定期的に更新するほうが良いということになります。

早く公開するのが良いということにもつながりますが、完璧に作り上げてから公開するのではなく、ある程度のコンテンツができたら公開して、更新を重ねながら完成度を高めていくのが良いということです。

更新は大掛かりなものでなくても構いません。経験から言うと、ページ内のわずかな変更でも検索エンジンのロボットは更新と見なすように感じます。

【2009/05/15 00:24】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
「クローラーがウェブページを収集して検索サービスを提供している」といわれても具体的にどのようなシステムになっているのか、いまいち分からないという方もすくなくないでしょう。
そこでロボット型検索エンジンがどのような技術を用いて検索サービスを提供しているかについて見ていきましょう

ロボット型検索エンジンには 具体的には主に3つのステップを通じて検索サービスを提供しています


クローラーがウェブページを巡回しながらページ上のコンテンツを収集します(クローリング)


収集したページとそれに属するコンテンツを分類して牽引を作成しデータベース化します(インデクシンク)


ユーザーが検索キーワードを入力して送信すると検索エンジンは同じ言葉を含むウェブページや重要度が高そうなページをインデックスの中から探し出し検索結果に表示するウェブページをリストアップします。(クエリープロセス)

【2009/05/11 23:38】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。