アフィリエイトで広告収入 超初心者へのアドバイス 2009年02月
アフィリエイト初心者さんへ 、基礎知識から応用知識まですべて教えます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で使われている主な検索エンジンとしては「Yahoo!Japan」「Google」「msnサーチ」の三つが挙げられます。
この3つの検索エンジンで、主要なキーワードで検索された際に上位表示されればそれなりのアクセスを得ることができます。
この中でも GoogleのプロバイダのWEBサイトなど他のポータブルサイトへの検索エンジンをASPとして提供しているので、Googleで上位表示されれば、ASP提供しているサイトからもアクセスされるようになります。

検索エンジンには「ロボット型検索エンジン」と「ディレクトリ型検索エンジン」の2つがあります。
ロボット型検索エンジンとは、検索エンジンが検索結果表示に使用するデータベースへ登録されているURLを、クローラー(ロボットともいう)と呼ばれるプログラムで自動巡回し、コンテンツに含まれる情報を収集していくタイプのものです。
ディレクトリ型とは、登録されるWEBサイトをカテゴリに分けて整理している検索エンジンです。ロボット型エンジンがプログラムでWEBサイトを自動で登録しているのに対してディレクトリ型は検索エンジンのサイト管理者が実際にWEBサイトを確認して手動で登録しています。
アフィリエイト初心者の方はこれから良く耳にする言葉なので知っておいたほうが良いでしょう
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アフィリエイト♪ - ジャンル:アフィリエイト

【2009/02/28 23:49】 | ■ニュース実践編
トラックバック(0) |
アフィリエイトプログラムはアメリカで生まれ、アメリカで発達し、日本に紹介されました。そのため基本的にアメリカのアフィリエイトがお手本となるのですが、日米でも若干違う点があります。それはアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)の存在です。
日本ではシステムを提供し広告主と一般アフィリエイトを結びつけるASPの役割が大きく、いろんなサービスを提供しています。
アメリカでももちろんASPの存在は大きく、アフィリエイトプログラムにおいて大きな役割をしています。しかし広告主自体がアフィリエイトプログラムのシステムを自社で運営するケースも多く、アフィリエイトマーケティンング全体の10パーセント程度は自社運営だと言われています。
そのため企業サイトで、アフィリエイトに対するサポートやトレーニングを行っています。日本では、企業に代わってASPがこの役割を担っており、企業は製品主体のホームページを作成しておけば、後はASPがやってくれるというのが実態です。
多くのアフィリエイトプログラムに参加して収入を得ようする人々、特に初心者は、このプログラムのシステムや、バナーの貼り方などいろいろと戸惑うことが多いかもしれません。
しかしアフィリエイトプログラムの発展に大きく貢献している日本のASPは、そのサービス分野においても、広告主に代わってかなり質のいいサービスを展開しているといえます。

FC2blog テーマ:アフィリエイト♪ - ジャンル:アフィリエイト

【2009/02/27 23:33】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
アフィリエイトの売上型成功報酬では報酬は手数料をして支払われます。金額は会社、製品によって違いますが一般的には販売価格の5~10パーセントが一つの目安になります。
手数料がこれ以下の場合広告主がブランド力のある著名な企業であるとか、あなたのサイトによほどぴったりしているとか、商品に特別の魅力でもない限り他のマーチャントをあたってみた方が良いでしょう。
もちろん商品によって例外はあります。例えば書籍の場合手数料は一般的に3~5パーセントほどです。しかし書籍関係は需要が高いですし、一般に抵抗感が少なく万人向きです。一概に手数料の低さで排除するのは得策ではありません。
別の例としてコンピュータを挙げてみましょう。手数料は通常1パーセント程度、100万円売っても1万円の収入にしかならず普通のサイトなら労力の無駄です。
しかしIT関連のサイトの場合、コンピュータ系の商品バナーがあればページ内の統一感も演出できます。これも手数料の率だけでは決められないでしょう。
特別サービスの期間をもうけ3パーセント、5パーセントの手数料を支払う場合もあり、コンテンツが決めてになると言えます。
初心者の人であれば報酬の目安ぐらいは知っておいて損は無いでしょう

FC2blog テーマ:アフィリエイト♪ - ジャンル:アフィリエイト

【2009/02/27 11:03】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
アフィリエイトプログラムは一般のビジネスにくらべ、店舗をもつ必要がない 在庫のリスクもない、サポートをする必要がないなど、販売初心者にとって参加しやすいビジネスです。
しかしそれだけにおおくのアフィリエイトサイトに埋没する危険性も含んでいます。それを避け収入を大きくするには次のような努力をする必要があります

★趣味や知識を最大限生かす
★ホームページを内容のあるものに変え魅力的なものにする
★広告を貼り過ぎるとユーザーはイヤになって逃げてしまうので広告は貼り過ぎない。
★ホームページにアクセスした訪問者をあなたが売ろうとしている企業の製品やサービスの広告に誘導する

これらを頭においてホームページを作る必要があります これらを一つ一つきちんと実行するとなると、やはり、それなりの知識と作業量が必要になります
そういう意味ではあまり気楽な稼業じゃないことになるかもしれません
 

【2009/02/27 01:45】 | ■ニュース実践編
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。