アフィリエイトで広告収入 超初心者へのアドバイス アメリカでは異なるASPの役割
アフィリエイト初心者さんへ 、基礎知識から応用知識まですべて教えます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフィリエイトプログラムはアメリカで生まれ、アメリカで発達し、日本に紹介されました。そのため基本的にアメリカのアフィリエイトがお手本となるのですが、日米でも若干違う点があります。それはアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)の存在です。
日本ではシステムを提供し広告主と一般アフィリエイトを結びつけるASPの役割が大きく、いろんなサービスを提供しています。
アメリカでももちろんASPの存在は大きく、アフィリエイトプログラムにおいて大きな役割をしています。しかし広告主自体がアフィリエイトプログラムのシステムを自社で運営するケースも多く、アフィリエイトマーケティンング全体の10パーセント程度は自社運営だと言われています。
そのため企業サイトで、アフィリエイトに対するサポートやトレーニングを行っています。日本では、企業に代わってASPがこの役割を担っており、企業は製品主体のホームページを作成しておけば、後はASPがやってくれるというのが実態です。
多くのアフィリエイトプログラムに参加して収入を得ようする人々、特に初心者は、このプログラムのシステムや、バナーの貼り方などいろいろと戸惑うことが多いかもしれません。
しかしアフィリエイトプログラムの発展に大きく貢献している日本のASPは、そのサービス分野においても、広告主に代わってかなり質のいいサービスを展開しているといえます。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アフィリエイト♪ - ジャンル:アフィリエイト

【2009/02/27 23:33】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。