アフィリエイトで広告収入 超初心者へのアドバイス 謀サイトより
アフィリエイト初心者さんへ 、基礎知識から応用知識まですべて教えます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が読んでみて参考になったので‥




無料ブログの量産が無駄な理由
ウェブマーケティングの一環として、検索エンジン対策(SEO)を行うことが、インターネットビジネスでは一般的になっています。
そして、SEOを初めとする知識を紹介する書籍も多数出版されています。中には、既に出版されている書籍の内容をまとめ直しただけのようなものもあります。
オリジナルの内容を紹介するまともな書籍等で得られる知識には、有用なものももちろんありますが、それさえも、進化しつつある検索エンジンは「検索エンジン対策」対策をすることと考えられるので、既に有用性が薄れている「対策方法」も多く、その通りにやっていると無駄なことを時間をかけてやっているだけ、ということになる場合もあります。

どのような「対策方法」が有用であり、あるいは有用でないのか。これを判断するためには、インターネット、検索エンジン、コンテンツ作成、マーケティングなどの知識をつけて、実際のウェブページの内容と、検索結果とを検証して、仮説を立て、また検証することの繰り返しとなります。

さて、自分のウェブサイトを検索結果の上位に表示させるには、何が必要か。
その重要な要素の一つとして、他のサイトからのリンク(被リンク)を集める、ということが行われてきました。別の項で、相互リンクの害について記載しましたが(「相互リンクはしてはいけない?」)、現在でもその有用性は認められます。

無料ブログは検索エンジン対策として有効か?
ところで、被リンクを集めるのにお手軽な方法として、自分でメインのウェブサイト以外に、たくさんのサイトを量産する、という方法が考案され紹介されていることがあります。
そして、ウェブサイト作成の知識がなくても簡単にできる方法として、無料で開設し利用できるブログを作成して運営し、そのブログからメインのウェブサイトへのリンクを張るという事例が目立っています。
これは本当に有用なのでしょうか?

被リンクを集めるということだけが目的であれば、その目的は達成できるといえます。
そのブログが、独自ドメインで運営できるものかどうか、ページデザインを定義するテンプレートを自由にカスタマイズできるかどうか、広告が表示されるなどの制約がないかどうか、等によってもその有用性や効果は異なりますし、すべて検証できているわけでもなく、さらに検索エンジン側のアルゴリズムも変化していくものです。
ただ、量産される無料ブログの大半は、実際に有用性を発揮しているものは少なく、さらに逆効果なのにな、と思うものが多数あります。
特に、各検索エンジンがブログを排除するフィルターを導入する動きは、無差別大量に垂れ流されるコンテンツに検索結果を荒らされないようにするため、と考えられるからなおさらです。

知らないうちにスパムになる可能性
まず、簡単に開設できるということは、ページデザインを定義するテンプレートに制約がある場合が多いことがあげられます。
ブログのサイドバーなどのパーツに、自分のメインサイトへのリンクを張ったとして、書き込む個々の記事ページ、カテゴリー別ページ、月別ページなどのすべてに、同じリンクなどのパーツが配置されるとします。
過度な、不自然なハイパーリンクが、記事を書き込めば書き込むほど増殖することになります。
また、書き込んだ記事の内容が少なければ、ページ中のサイドバーのパーツなどの共通した部分の比率が多くなり、同じようなページを自動的に量産していることになってしまいます。

特に、自分のメインサイトへ閲覧者を誘導する目的が明らかであれば、閲覧者からは軽く見られてしまいます。
そのブログにリンクを張ってくれる人もめったになく、結果として自分が自作自演で作成したブログやサイトの中だけでリンクが不自然に増え、書き込めば書き込むほど増え、いわゆるリンクファーム状態になってしまいます。
独自ドメインでやったとしても、似たようなことになると思います。

ブランディングにマイナス
ブログの記事の内容や運営方針にもよりますが、自分のメインサイトへ閲覧者を誘導する目的が過度に見え隠れしていると、場合によっては過度な宣伝であるとの印象を与えたり、必死に書き込んでいる印象を与えてしまったりするおそれがあります。
極端なケースでは、いったい本業の仕事はいつしているのだろうと思えることさえあります。

また、ブログへのアクセスを増やすために、ブログのランキングサイトに登録している場合に見られることですが、書き込み中において、「クリックをお願いします」等と連呼しているものがあります。
過度な、必死な宣伝活動は、どのようなコンセプトで広告・マーケティングを行うかという戦略を欠いた、マイナスのブランディングを行っていることと同じです。

さらに、バナー広告や、成果報酬型の広告(アフィリエイトなど)を挿入しているブログでは、それが目的の個人ブログであればいいものの、営利企業のブログのブランディングには不要なものです。さらに弁理士、○○士のようないわゆる士業のブログであれば、やむを得ない場合はともかくとして、好ましいものではありません。
極端な例では、ライバルサイトの広告が表示されていることもありますし、お小遣い稼ぎを懸命にやっている士業にはあまり依頼したくはないのではないでしょうか。

メインサイトか、ブログか、その本末転倒
時には、とても有益な情報が掲載され、頻繁に更新され、訪問者も多く訪れるブログを見かけることもあります。そのような有益なブログでは、他のサイトで紹介されたり、他のサイトからのリンクを集めたりすることもあります。
しかし、それが間違いとまではいわないものの、そうした場合には、メインサイトとは別に運営する戦略の必然性や、メインサイトの内容との差別化が図られているでしょうか。

そのような有益なブログであっても、あくまでもメインサイトとは別のドメインの中に設置され、特に無料ブログサイトでは、大量に存在するブログの中の一つでしかありません。
無料ブログであっても、利用者ごとにサブドメインで設置できるから有効、といった情報がありますが、進化する検索エンジンはその効果を既に落としていると思います。

そして、メインサイトに集まれば効果的であったはずのコンテンツや、被リンクやアクセスを分散させていることになるのです。
同じようなコンテンツ、内容の少ないコンテンツが無差別大量攻撃のように量産されるようになった今、一つのサイトを育てていくことの重要性が、あらためて見直される時代に既になっていると思います。

※本稿では、現時点(2008年1月)における具体的な事例や、検証結果に基づいて記載しておりますが、常に傾向は変動するものです。
※「対策方法」についても示唆はしておりますが、結局はメインサイトの内容を充実させ、育てていくということに尽きると思います。
スポンサーサイト

【2009/04/12 21:53】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。