アフィリエイトで広告収入 超初心者へのアドバイス
アフィリエイト初心者さんへ 、基礎知識から応用知識まですべて教えます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネット上に存在する無数のウェブサイトのなかであなたのサイトが埋もれないようにしなければいけません。
そのためにはコンテンツの差別化をすることが重要です。

しかしただ差別化といっても初心者の人にとっては「いったいどうすれば他のサイトと差別化できるのか」ということが分からないと思います。
そういう方は、ウェブサイトを作成するにあたり、更新頻度、情報量、情報の希少性の観点から作成してみてください

★更新頻度
常に最新情報が掲載されている、情報の鮮度が高いサイトというのはサイトとしての価値が高くなります。
リピーターが多いサイトというのは定期的に最新情報を更新してユーザーに価値のある情報を提供しています。サイトのジャンルにもよりますが、出来るだけサイトに最新の情報をとりいれるようにしてください。
定期的に継続して更新しているサイトというのは少ないので、それだけで差別化できます。

★情報量
個人的にこれが一番だと思います。
とにかく情報量を増やすことです。情報量が増えるということはユーザーが知りたい情報を獲得できる可能性が高くなるというメリットもあるし、一度地位を築いてしまえば、そのジャンルの有名サイトとして扱われポータルサイト的位置づけになることができます。

【2009/06/11 19:38】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
SEO効果
1) YAHOOカテゴリー: 10点
2) Xレコメンド: 9点
3) Jエントリー: 8点

アクセスアップ
1) YAHOOカテゴリー: 6点
2) Xレコメンド: 7点
3) Jエントリー: 5点

特徴&情報
1) YAHOOカテゴリー:Yahoo!順位アップに絶大な効果あり。厳しい審査があるため、登録されれば「Yahoo!順位アップ」だけでなく、サイトの信頼性も上がり、より多くのサイトからリンクしてもらえる可能性あり。Google・LiveSearch対策としてもそれなりに効果がある。Yahoo!カテゴリは「おやくだちリンク集」としてはあまり使われていないため、直接のアクセスアップはあまり期待できない。(それでも、「リンク集1000サイト一括登録!」などのサービスよりは直接のアクセスアップ効果が見込めることは注意していただきたい)
2) Xレコメンド: Yahoo!カテゴリとは違いYahoo!に絶大な効果があるわけではないが、有名サイト10サイトほどのリンク集に登録されるため、通常のリンク集登録とは桁違いの効果をYahoo!、Google、LiveSearchで得られる。また高ページランクのページからリンクされるため、ページランクの上昇にも効果がある(私はページランク3から4にあがった)。クロスレコメンドも「おやくだちリンク集」としてはあまり使われていないが、10サイトに掲載されるからYahoo!カテゴリよりは直接のアクセスアップ効果がある。
3) Jエントリー:クロスレコメンドと同様に、有名サイト5サイトくらいに登録されるから、Yahoo!、Google、LiveSearchに効果大。ページランク上昇の効果あり。Livedoorに登録されるが、そのほか4サイトくらいは検索サイトとしてそこまで有名ではないため、リンク集からの直接のアクセスアップはYahoo!カテゴリと同じか、それより低いか。予算が厳しいのであれば、ジェイエントリーの登録は余裕ができるまで待ってもいいかと。

【2009/06/08 01:03】 | ■ニュース実践編
トラックバック(0) |
ユーザーがあなたのページにたどり着いたということは、その情報を探していたということになります。
それをできるだけわかりやすく、まるで小学生や高齢者に方に教えてあげる感じで書けば、非常に分かりやすい文章になります。
もちろんサイトに訪問するターゲットの属性によって、ある程度の専門用語などを用いることがあると思いますが、インターネットユーザーの多くは初心者だということを忘れてはいけません。

あなたがあるジャンルについてコンテンツを作成するときは、そのジャンルに関する知識を持っていない人が読んでも理解できるような文章を作成できるようにしましょう。

【2009/06/04 20:39】 | ■ニュース実践編
トラックバック(0) |
重複コンテンツとは、ページ(URL)が異なるのに内容はまったく同一のものをさします。
たとえば、新聞社のサイトの中にはウェブ閲覧用とは別に「印刷用ページ」というレイアウトを印刷用に最適化したページを別途用意していることがあります。
これは用途として両者は異なるものの、コンテンツ自体はまったく同じですから重複コンテンツです

【2009/05/24 20:18】 | ■ニュース理論編
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。